DatacenterDynamics 東京2014 - GIT Associates

GITアソシエイツの活動トピックス記事を掲載しています

DatacenterDynamics 東京2014

掲載日:2015-01-22

2014年12月9日 品川プリンスホテルアネックスタワー プリンスホールにて【DatacenterDynamics 東京2014】が開催されましたのでご報告します。

DatacenterDynamics東京2014は、弊社が日本の窓口を担っているDatacenterDynamics社のグローバルコンファレンスで、今回は会場を品川プリンスホテルに移し盛況裏に開催されました。

参加者は530名強と今までで最も多く、スポンサー様も18社と、やはり過去最多の企業様のご協賛を頂きました。 DatacenterDynamics 東京2014についてレポート作成中ですので、出来次第またご報告します。 当日のプログラムはこちらご参照ください。   s-PC090932

いくつかの講演内容をトピックスとしてご紹介します。

1.基調講演1 「グローバルアップデート」 Dedric Lam氏(DatacenterDynamics Asia CEO)

 

  s-PC090940

弊社が日本の窓口を行っていますDatacenterDynamics AsiaのCEOであるDedric Lam氏より、日本も含めたデータセンター業界のグローバルアップデートを行いました。 DCDの調査では、東京(日本)の本業界でのビジネスポテンシャルは世界2位と非常に期待されているものですが、私が感じたのは確かにビジネス価値は高いものの、データセンター業界に参入または現状のビジネスを拡張しようとしている企業にとっても温度差があるのではないかということです。 日本のデータセンタ事業者にとっても必ずしもハッピーな状況ではないと聞きます。日本の価値は何かを私なりに明確にしたいと思っております。

2.基調講演2 「データセンターにおけるコミッショニングの有効性」グレン・ホーキンス氏(コムテックアジア)

 

  s-PC090961

コミッショニングコンサルティングは最近特に注目されているDC関係のコンサルティングです。 2年前のDCD東京でも基調講演をコムテック様にお願いしましたが、あまり注目されませんでした。 しかし最近日本の大手ジェネコンもビジネスとして参入または興味を持っております。従来DCの質を評価するものとしてUptimeInsutitute社のTier、日本ではJDCCのJ-tierがありますが、これはDCのファシリティレベルを評価するものでした。コミッショニングコンサルティングはDCを利用するユーザーが、そして利用するDCがユーザーの目的に合ったDCであるかを専門のコンサル会社に委託するものから始まりました。 しかし現在ではDC事業者でさえ自社のDCがお客様の満足度を得られるものかをコンサルしてもらうようなケースでも利用されています。 このような状況からコムテック様に基調講演をお願いし、UKの本社よりグレン・ホーキンス様に来日頂き講演して頂き、参加頂いた皆様方からも評判が良く、弊社としてもコムテック様と連携を進めたいと思っております。

3.基調パネルディスカッション JDCCメンバーによる「都市伝説?日本のデーターセンターとローカルリスク」

 

  s-PC091100

恒例となりました日本データセンター協会(JDCC)のキーメンバーの方々によるパネルセッションは、DCD東京に参加されている方々から期待されているセッションの一つです。 今年もJDCC運営委員長(東京大学大学院)江崎先生に司会をお願いし、さくらインターネット・田中社長、IDCF・山中本部長、アット東京・石橋氏、NECフィールディング・泓統括マネージャーにパネリストとして参加頂きました。
パネルの内容は日本のDCが今後国際競争力をもちグローバルに展開できるか?そのためのハードルは何か?日本ならでの特長、優位性は何か?を議論して頂きました。
毎年DCD東京で来日するDCD幹部に対しJDCCとして日本のDCの評価(Cushman:DC関係不動産コンサル会社によるレポートでは)は低く、昨年も30国のうち26位ととんでもない評価でこの評価について見解を求めてきました。
DCDとしての見解は日本の電力事情(高い!!)が最大のポイントだと言っておりますが我々(JDCC)としてはそれを超える優位性をアピールしています。特にオペーレーションの信頼性、ファシリティの信頼性は東日本大震災の時にも証明されましたが、これはグローバルに誇れることだと思えます。 また、日本発のテクノロジー、ソリューションとしてはきめ細かなDCIMソリューション、効率化推進のためのHVDCテクノロジーなど、まだまだアピール出来るものがあります。
最後の締めとしては、日本データセンター協会(JDCC)として2015年も海外のDC関係組織(DCDも親密なパートナーの一つ)と連携を図り、日本のデータセンターの価値向上を図ろうとのものでした。

  【会場の様子】 s-PC091074 s-PC091062 s-PC091082



このページのトップへ


メ イ ン メ ニ ュ ー



以前の活動記事タイトル一覧へ



掲 載 記 事 タイトル 一 覧


以前の活動記事タイトル一覧へ



Copyright(c) 2014 GIT Associates All Rights Reserved.